« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

青年の船第1回事前研修会

ついに今月28・29日と焼津青少年の家で事前研修が始まりました。前の日には静岡の青少年会館で他のスタッフ達と準備、プログラムの打ち合わせなど泊まりでやりました。

大きな助けもありプログラムは作ることができましたが、実際研修生の前で進行してくとなると不安でいっぱいでした(>_<)自分の出番は2日目だったので1日目は様子を見てました。と言っても東部のブロックに着くのは僕ともう一人の2人だけで、どちらかが前で進行する場合もう一人はアシスタントとしての任務があります。

前回は研修生だったので自由に自分を出していけましたが、スタッフとなると気をつけなければならないんじゃないかと思い、ほんとはこんなキャラではないのになぁとも思いつつやっていきました。

1日目を終えてスタッフっていろんな事を考えなきゃならないし判断しなきゃならないし大変だぁぁぁ~と感じました。でも、2日目の朝になると心も落ち着きを取り戻しやってやろうじゃない!!って気持ちに変わっていて昨日よりかは気持ち的に楽でした。

そして、ついに僕が担当するセクション会議が始まりました。研修生の前に立ち自己紹介をしたときに『…やりづらい(-_-;)』と感じてスタートしました。なかなかテンパってたけど、なんとか時間内に終わりお昼になりました。昼休み中に連絡網を書いておいてと頼んでおいたのですが、数人しか書いてくれてなく午後の時間、少し使って全員書き終えるのを待っていました。それから午後のプログラムスタート。ブレーンストーミングとKJ法を使いセクションの目的とルールを考えて作ってもらう時間で自分の説明の仕方が悪かったようでうまく伝わりきれてなく、アシスタントが助言してくれました。(^_^;)

そこで、時間が掛かったのが痛かった(>_<)時間がもうせまっていてKJ法の結果発表と次回までの課題とその説明を急いでやって、次の班集会の時間に少し入ってしまいました(-_-メ)そこで、現実は厳しい…。と実感 かなりのショックでした。

次回はそういう事が起きないよう気をつけたいです。

| | コメント (6)

鱒益分岐店に

行って来ました!ヽ(^o^)丿カメラを持ってなかったので記事だけになってしまいますが…(^_^;)

ていうか覚えているでしょうか?…。富士宮焼きそばに続く富士宮名物第2弾の虹鱒バーガーです!ソースはトマトバジルと辛みその2種類です。僕は、トマトバジルの方を食べました。まず、受け取って思ったのが『ち…ちいせぇ~(^_^;)』で、次に目がいったのは、いかにも引っ張ってみてくださいと言わんばかりのおみくじです。

ドキドキワクワクで引っ張ってみると…何も書いてない(-_-)裏側を見ても何も書いてない(-_-メ)おみくじって何だ!!よくわかんないおみくじをほっておいて虹鱒バーガーを食べました。

思っていたよりか美味しかったです♪虹鱒の臭みは感じませんでした。中はトマト、クレソン、鱒のフリッター、ズッキーニ、サンチェ、アボガドでした。って観察したかのように書いてますが、もろパンフ見て書いてます(>_<)また、機会があったら辛みそを食べてみたいと思います。

友達は、隣りの店でルイビ豚という名のステーキを食べてました。しかも溶岩焼きです。溶岩焼きって何??って思うでしょ。鉄板の代わりに溶岩でできた板で焼くっていうものだと思います。僕も食べたかったけど予算の都合上、諦めました。

そして、虹鱒バーガーも食べ終わり、おみくじに何か納得いかないのでもう一度調べてみました。そして、一番怪しいと思った引っ張るときに掴んだ所をちぎってみたら、中から小さい巻物状のものが!!おみくじ見つけたぞ~!運勢はどうか!……全部絶好調で総合得点100点でした。良かった×2(^^)帰りにお土産屋を見てまわり桜海老の塩を買って帰りました。

店の名前の意味は、虹鱒販売の利益で町が潤い、浅間大社のご利益で訪れた皆さんが幸せになります様に。当店がその分岐点の役割を果たす事が出来るのならこれに勝る喜びはありません。というちゃんとした意味があったのです。

興味のある方は是非、食べてみてください。富士宮浅間大社向かいのお宮横丁の中に店はあります。

| | コメント (2)

富士川流域の技・作家たち展

今日は山梨県南巨摩郡増穂町の酒造ギャラリー六斎で開催されている富士川流域の技・作家たち展を見に行ってきました。と言うのも、親戚に砡工芸作家の人がいてそこに作品が展示されているので見てきました。で、その作品がこちらです。

  Img_0749 Img_0752_1  Img_0750a      

  Img_0753  Img_0751  Img_0754a

メノウや紫水晶などで作られていて、どれもとても綺麗で芸術品に関して全くの素人ですが、すご~いと思いながら見てました。目を引くのは上段左側の黒いんだけど中にキラキラしたものが散らばってる石の作品で、そのキラキラが綺麗だしなんかカッコイイなぁと…こんなコメントじゃおじさんに怒られちゃうかな(^_^;)

その他にもいろんな人の作品が展示されておりImg_0756   Img_0758

Img_0759   Img_0762    Img_0760 などなど。

楽しめました。1階ではお酒もや小物なども販売してるし、蔵自体の造り方も面白いし良かったです。

お昼はそのおじさんの家で御馳走になりついでに加工場を撮らせてもらいました。

 Img_0766   Img_0769   ここで凄い作品が作られているのです!!

そして、またまた親戚で僕のいとこの人もおじさんの下で砡工芸をやっていてその人も別の展示会場で作品が展示されていました。それがこちらです。

                 Img_0773       

石を加工していろんなものを造れてしまうのに驚きで球体や曲線、尖らせたりと技術が集約されている作品で かつ、失敗が許されないと思うので自分も大工として少しでも細かい技術を身につけていきたいと思いました。  

第1回富士川流域の技・作家たち展は今月30日(月)までやっています。時間は10:00から17:00まで。(最終日は16:00まで)火曜日が休館です。                                                               

| | コメント (2)

終わったぁぁぁぁぁぁ~~~

宅建の試験 昨日、受けてきました。後は結果待ちです。自分的には簡単ではなかったという印象で(毎年同じ印象ですが…(^_^;))これは出るだろうなって思った問題が出ませんでした(+o+)来月末合否が判明します。

そして、富士山検定3級の問題が毎週日曜の新聞に載っているんですが途中から嫌になりました(^_^;)問題難し過ぎ!もちろん分かるものもありますが知らない方が多い…。また、毎週30問乗っていて計120問で全体で70%以上合ってれば良いらしいです。ネットなどで調べても良いということなんで、その気になって調べれば落ちる事はないです。が、僕はその気になれませんでした(^_^;)さすが日本一の山です。簡単には認めてもらえません。

これからは船のスタッフとしての勉強や仕事をみっちりやることになると思います。第1回事前研修が今月末です。去年は研修生の立場で書いていましたが今度はスタッフの視点で書いていくので、また違った話が書けると思います。(^^)

| | コメント (4)

明日はいよいよ

受験日です。今日これから問題を解いて確認していきます。業法と法令上の制限は、それなりに取れると思いますが、民法と税・その他がどうだろう…といった感じです。とにかく頑張ります!!

宅建が終わると今月末から第1回事前研修が始まります。それに関していろいろ覚えなきゃならない事や、やらなきゃならない事があります。なんか忙しいです。というのも、静岡県青年団連絡協議会の会長や37船の東部のブロックスタッフから役員をやってみないか?という話があって、研修生でもスタッフでもまた船に乗りたい気持ちはあったのでほんと最近まで考えてて、やることに決めました。で、38船の実行委員長から今回の船の中東部ブロック、セクションスタッフを任されました。セクションは前回研修生の時に就いたライフケアです。今度は研修生を導く側で船に乗ります、そういう経験はしたことがないのでドキドキですヽ(^o^)丿

なかなかできない体験だし、やらないよりかはやってみて得るものはあるはずなので頑張ろうと思います。

| | コメント (2)

追加募集!!

第38回静岡県青年の船からのお知らせです。

青年の船の募集締め切りが9月30日までとポスターや募集要項に記載されていますが、定員の100名までまだ余裕があるので追加募集することに決定しました。

追加募集の締め切りは10月21日までです。

青年の船は県下の18歳(高校生不可)~30代前半の青年が集まり事前研修でお互いを知ってもらって年末年始に中国へ船旅に行きます。ただ、旅行で行くとゆう感じではなく自分を見つめなおすとか、船内でも研修が行われます。でも、そんな堅苦しいとか難しいものではなくてみんなでわきあいあいと考えたり、研修詰めではなく自由な時間もあるのでいろんな人達と仲良くなれます。

普通に年末年始を過ごすなら1回くらい違った過ごし方をしても良いかな~とも思うし、いつも遊ぶ友達もいいけどまた、全然違った新しい環境で出会うのも自分の成長に繋がるし、いろんな人の考えを聞けたりして良いんじゃないかと思います。そして、中国で大学生と交流、史跡見学、ホームステイとドキドキワクワクな事ばかりです。帰りも船内でアンビシャスパーティーをやったりして楽しい時間を過ごします。

興味があったら21日までは大丈夫なので静岡県青年団連絡協議会HPでちょこちょこ見てもらえれば募集要項もダウンロードできます。また、役所の生涯学習課的なとこに行けば、冊子が入ってるとこにも要項があります。

_086 ←この冊子です。

そして、追加募集に伴い説明会も開催!東部は10月17日(火)に沼津の沼津保険センターで19:30から行われます。前回の船で撮った写真や動画を編集したDVDを見てもらったりしてます。これで、行く行かないを決めるとかじゃなくて、青年の船ってどんなものなのかを知ってもらえればありがたいです。

| | コメント (2)

箱根の山は

天下の険。とても和風な冒頭ですが、今週は知り合いの大工さんの手伝いで箱根に通ってます。富士宮から箱根まで約60キロくらいあります。現場は別荘地でマンションの床、壁の張替えです。前にも仕事で別荘地に行ったことがありますが、こんな時くらいじゃないと別荘地なんて入れません(^_^;)周りは静かで自然に囲まれ良い所です。

なので、仕事をするにも朝は9時以降。夕方5時には終わるように言われてます。土日祝日はもちろんダメです。5時になると冒頭で書いた『箱根の山は~♪』の曲が流れます。そして道路では『ゆっくり走ろう天下の険』とゆう看板を見つけました。

明日で手伝いが終わりますが、土曜日は山梨です(-_-;)

| | コメント (4)

無事

完成見学会を終えることができました。見学に来てくださった皆様 ありがとうございました!

初日は午前中、YAっちゃんが手伝いにきてくれました。(^o^)土曜日は来ないなぁ~と思ってたら午後から何組か来てくれました。2日目は雨も降って、寒いながらもテントで待ち続けました。午前中は何組か来てくれて、午後はパッタリ…。

それでも、この現場の仕事をした各職人さん達や業者の人も顔を出してくれてありがたかったです。m(__)m山梨からも親戚がご近所さんも一緒に連れてきてくれて見に来てくれました。

いよいよ宅地建物取引主任者試験2週間前です!!勉強しなきゃあああ~\(゜ロ\)(/ロ゜)/

| | コメント (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »