« 拓け!KATARI場2008 | トップページ | 改装工事してました »

土日の常任理事会で

静岡県青年団連絡協議会もあとちょっとで19年度が終わり20年度になります。

そこで昨日、今日の会議の中で自分が役員として19年度を振返ってどうだったかのか考えました。全体を通してみると楽しかったと言えるものだと感じました。初めて1年通して役員をやる中で、『青年祭』ではフットサルを担当して監督者会議をやったり、エールを送る係りをやったり、司会を任されたり、『未来塾』では、青年の山のポスターをそれぞれ自由に考えて作ったりと、『青年の山』では、チェーンソーを初めて扱ったり、『青年の船』ではブロックスタッフをやり『青年問題研究集会』では分科会の司会をやったりと様々な体験をして、そこでいろいろなことを感じ、学び、充実した日々を送っていたなぁと思いました。

もちろん、その時その時で大変だったり、やりたくないって思ったり、乗り気じゃないけどやったりとかはあったけど、それでもやった後は後悔はないし良かったなぁと思えるものでした。また、引き出し活動では、清水の青年団の担当となり事務局に行ったり、会長と連絡を取ったり、事業に顔を出せたら出しに行って、正直、役員になったばっかの時はなんで平日夜に会議に行かなきゃならないのかわからなかったし、行くのが面倒だしとか思ってたけど、行ったら行ったで楽しいし、今回清水の会長とは深く関わることができたので、実行まではできていないけど、清水のためにというか何か協力できることないかなぁと思えるようになったし、人とのかかわりって大切だなと感じました。それには、自分から機会を作ったりして何か起こせば相手に伝わるのかなとも思いました。

反省点は部の活動で、教宣部で機関紙『たいよう』を毎月、作成・発行しているのですが、なかなか部内で連携、協力ができていないと思いました。それは、自分が全然動けていなくて、毎月悪いなぁとか申し訳ないなぁと思いながらも動けないというか動いてない自分がいたりして、部長には相当、苦労させてしまっていた…。

自分自身、成長したと思えたし、その成長した過程の中には、県静連協役員の支えがあったからなので、感謝したい。

来年度の県静連協はどうなっていくのだろう…。

|

« 拓け!KATARI場2008 | トップページ | 改装工事してました »

青年団活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 拓け!KATARI場2008 | トップページ | 改装工事してました »