« 土日の常任理事会で | トップページ | 第1回理事会 »

改装工事してました

 最近は、改装工事をやっていて玄関を入ると吹き抜けのある家で、その吹き抜け部分を部屋にして欲しいとのことでした

子供部屋の押入れを解体して両サイドの壁を取り、吹き抜けに作った部屋への入口にしました。壁や天井を解体していくと柱や桁がお目見えするんですが、そこには明らかに桁どうしの繋ぎを補強する金物が入る穴が空いているのですが、肝心の金物が入ってない…ので、入れておきました。筋かいにも金物が入ってなかったので入れておきました。当時は、筋かいに金物を入れることはなかったのかもしれません。

思ったのが、胴縁がないんだなぁ~と。どのくらい前からなのか知らないけど、昔は柱や間柱に直接、石膏ボードや板を貼っていたんだなぁと思いました。吹き抜けは、機械で水平を出してそれを基準に造っていきました。

施主さんは読書が、趣味のようで本棚も置きたいとの事で、加工して造りました。そんな感じで、取り掛かって今日、ほぼできたとゆうことでまだ、塗装、電気、クロスなど入りますが、大工の大部分は終えました。

Img_1192 Img_1190 Img_1205 Img_1206 Img_1201

Img_1193 Img_1196

|

« 土日の常任理事会で | トップページ | 第1回理事会 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

YAっちゃん

今でも胴縁を打たないところもあるんですね
実際、打つ時に通りを見て調整するけど場所によっては、差があったりするので、打ったほうが良いですよね。
施主さん喜んでくれてたので良かったです

21日よろしくお願いしますm(__)m

投稿: 見習い大工 | 2008年2月19日 (火) 23時58分

GO君、こんばんは。
ブログでは、お久しぶりで~す(^^♪
昔は、では無く現在のハウスメーカーさんや、工務店のほとんどが、胴縁を入れず、直接ボードを貼っていますよ
家のことを考えたら、胴縁を入れ、ボードを貼った方が強いし、壁の水平も取れるので、絶対に良いと思います
お客様にも絶対に喜ばれると思いますよ
21日の午後から、仕上に行きますね

投稿: YAっちゃん | 2008年2月19日 (火) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 土日の常任理事会で | トップページ | 第1回理事会 »