« 地鎮祭 | トップページ | 終わったぁ~(^O^) »

船とf弁

船について後で書くと言っておいて、書いてませんでした(^_^;)記憶の限り簡単に書きます。

出航してから船内で研修が始まり、これからだ!と気を引き締めていきました。研修生も船旅に気持ちも弾んでいたと思います。中国には2日で着きます。1日目はまだ良かったのですが、2日目は揺れが大きく、船酔いの研修生も多数続出で、平気な研修生だけで研修を行ったりしました。もちろん自分も船酔いでかなりやばい状態でしたが、ブロックスタッフの意地で耐えながら何とか乗り切りました。

次の日、波が穏やかになったなぁ~と思った研修生もいただろうが、船が停泊していた。波が高すぎて進めないということだった。そしてあの時点で、いつ動くかは天候次第。そして、研修内容も中国に上陸してからのプランだったので船内研修プランに切り替えて、行いました。中国の清華大学生とのカウントダウンパーティーも出来なくなり、船内にいる中国の方たちと行ったり、研修生も文句1つ言わず、楽しく過ごしていたので安心したと同時に、研修生なりの気遣いというかスタッフ側の気持ちを汲んでくれたのかもしれないと思うと感謝です。

それから船は動いて、天津港に着いて本来なら故宮や万里の長城など見学する予定でしたが、時間的遅く無謀だったので天安門広場から故宮の入口付近まで行きました。その後、23時くらいに清華大学内のホテル到着。泊まって次の日の朝、早くから集合して、青島へ向かう飛行機に乗るため出発しました。

その日から、ずれていた予定を本来の予定に戻せて青島では班別課題研修をやったり青島の学生と交流したり、次の日にはビール工場を見学したりして、帰りの船に乗る準備です。帰りの船は、天候も酷くなく、行きの船とは信じられないくらいゆったりした感じでした。研修もみんな元気に参加して、最後のブロックワークショップでは、涙を見せる場面もありばがらアンビシャスパーティーではみんな大盛り上がりで、改めて楽しいことや大変なもあったけど一緒に過ごしてき仲間の存在が大きいものだと感じたと思います。

日本の下関港に着いた時、信じられないくらいの多くの仲間が集まっていました。下関というとても遠い所にいつも静岡で顔を会わせてたり、37回・38回のメンバーがいたりして心の中で感動でした。帰りは地域で別れてバスに乗りいろんな話をしながら帰路に着きました。スタッフとして研修生全員が無事に帰ったことを確認をして就寝しました。

簡単に書いたけど、いろんな所で様々な想いがあったりして動いている青年の船です。故宮等に行けなかったことはありますが、船の中で過ごす時間が長かったことで研修生どうしの繋がりは深まっていきました。本研修はもちろん事前準備などでも、大変な面はあるけど、準備するためにみんなで集まった時の楽しさや、大変さを味わった後の達成感はとても良いものです。その時、一緒に作り上げてきた仲間はかけがえのない存在になっているはずです。

話は変わって、ちょっと前についにf(エフ)弁を食べました。富士市吉原にあるラジオ局の番組内でリスナーからの希望を詰め込んだお花見弁当のことで期間限定で販売されています。期限は4月10日まで。いつもトラックとか事務所でラジオエフがかかっているんですが、エフ弁という言葉をよく耳にして気になってはいました。

そしたら母親も気になったらしく、買ってきたので食べることができました。自分的にはお弁当だけどおなかいっぱいになったなぁと感じました。どれもおいしかったしご飯も4種類あって満足。中でも海老のてんぷらおいしかった。皆さんも是非、食べてみてくださいヽ(^o^)丿

Img_1365 エフ弁情報は⇒ラジオエフ

|

« 地鎮祭 | トップページ | 終わったぁ~(^O^) »

青年の船」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地鎮祭 | トップページ | 終わったぁ~(^O^) »