富嶽ビエンナーレ展 他

今朝は、見て欲しいといわれた現場の見たり事務所で見積もりを作ってました。早めに終ったので、富嶽ビエンナーレ展に行ってきました。1人で…(^_^;)

両親は、前に見に行ってきたし平日なので誰も誘えなく1人でした。静岡県立美術館で開催されていて、過去のブログにも載せました。平日だというのに、それなりに混んでいました。展示場が1階と2階に分かれていて、今回大賞を受賞した同じ地区で知り合いの長谷川 正季さんの作品は2階にあると聞いていたので、1階から見ることにしました。

この美術展は日本画・油彩画・水彩画・版画・工芸・彫刻・造型が展示されていて、出展数がけっこうあったので見ごたえがありました。他の見学者と見るペースをずらすのが大変でした。面白かったのが「てやんでェ~」という作品で大工の棟梁が道具箱を担いでいる造型で隣にはバイクがありその上にカンナ、ノミ、のこぎりが乗っていました。後ろに周るとしっかり釘袋をつけて玄翁とバールが入ってて面白かったです。

他にも綺麗な作品から凄いと思うような作品が並んでいます。そして、2階へ。。。入ってまず正面に長谷川さんの作品が見えます。とりあえず、順路どおりに行こうと歩きました。どの作品もそうですが、結構大きいです。長谷川さんの作品も大きく実物を見るのは初だったので、凄いなぁ~と思って見ていました。中国の桂林の風景を描いていて、やっぱ大賞をとっただけあるのか、風格のある感じでした。

Photo_2  ビエンナーレ展は28日(日)まで静岡県立美術館で開催されています。

そして、家に帰ったら年賀状のお年玉抽選で当たった(2等)ものが届いていました。カタログから欲しいものが選べるというものだったのですが、僕は毛蟹を頼みました(^o^)2等の葉書を送ってくれた富士宮で牧場をやっている同級生に感謝ですわ。

先週の金・土・日は、浜松の人が主催のスキー旅行に行ってきました。総勢40名くらい集まり、東部からは4人参加しました。夜8時頃、富士宮を出発⇒三島の人を迎えに行き⇒高速に乗って浜松へ11時頃着。12時浜松出発⇒6時半過ぎにスキー場着。で夜中はバスの中で寝て、朝から滑りました。場所は、長野県の戸隠スキー場で「戸隠そば」で有名な所らしいです。僕は知りませんでした(^_^;)

初日は初心者に教えてあげたり見てあげたり付き添ってその中で自分もちょくちょく滑ってました。初心者のみなさん思ったよりか上達が早い!!体重移動はまだまだだけど、滑る事はできるようになりました。後はターンの練習あるのみです。

その日の夜、「どんど焼き」イベントがあってこの地域では、1大イベントのように行われます。杉の木を井の字型に2、3mくらいの高さまで組み立ててあり、その中や外にも杉の木や熊手型のお飾り、だるまなどおいてあります。正面にはお供え物を並べて、神主さんがお祈りっぽいことをやったり、白装束を着た人たちが松明を持って歩いてきたり普通のどんど焼きとは違います。

そして、スキー場ならではなのが、松明の火をスノーモービルの人に渡してその人は山の上まで行きます。そこで、既に待機していたスキーヤー1人1人の松明に火をつけて1列に並びながら降りてくる。とても綺麗でした。降りてきたらスキーヤーが松明を投げ入れていって点火となります。

Togakusi 火がつくまでは、みんな寒がっていました。そして、振舞い酒が出たり、太鼓の演奏があったり、花火大会までやって最後に細長い竹竿に刺さった餅を焼いて食べました。といっても僕は食べていませんが(^_^;)

2日目は観光か滑るか自由で、僕は滑りました。久しぶりに滑って楽しかったです(^o^)丿

| | コメント (6)

第18回富嶽ビエンナーレ展

静岡新聞社・静岡放送・県立美術館主催の第18回富嶽ビエンナーレ展の大賞に富士宮市在住の長谷川 正季さんの水彩画「夢中天堂」が選ばれました。

12月27日の静岡新聞の朝刊の1面と30、31面に関連記事が載っています。今回は全国34都道府県から571点(立体作品、平面作品含む)の作品が応募され、長谷川さんの作品はかなり評価が高かったようです。

僕も新聞で作品を見た瞬間、凄いなぁと思いました。画は中国の桂林の風景なんですが、インパクトのある作品で、桂林がほんとに好きなんだなぁ~と思いました(^_^;)

そして、富嶽ビエンナーレ展が下記日程で開催されます。

日時:平成19年1月2日から1月28日 10時~17時30分(入館は17時まで)*月曜日と1月9日(火)は休館、ただし1月8日(月・祝)は開館

場所:静岡県立美術館 2階展示室・県民ギャラリー(静岡市駿河区谷田53-2)

お時間があれば是非、見に行ってみてください(^o^)でも、なぜこの記事を書いたかというと、長谷川さんと親方は知り合いなのです(^_^;)僕も面識はありますが、知っている人がこういう賞を取ったとか聞くと、凄いなぁ~と思うしなんか嬉しい気持ちになりますよね!\(^o^)/僕も時間見つけて見に行ってこようと思います。

| | コメント (3)